都市生活を享受したごく普通の夫婦が田舎暮らしにチャレンジ。まずは週末からはじめてみます!

田舎で暮らそう 別荘をさがそう 田舎の物件 古民家情報 ログハウス物件 伊豆の別荘 ログのおうち お取り寄せ

我が家の食料自給率♪

2012年8月31日 12:19 | コメント(0) | トラックバック(0)

暑かった夏! 比較的涼しいと思われる信州も、日中は30℃超えもしばしば。

それでも午後3時を過ぎれば爽やかな風がどこからともなくそよぎ...。

木立に囲まれた我が家のデッキでティータイム。

ティータイムにトマトのゼリーやジュースでひと休み。

木漏れ日.jpg

 なぜ、トマトゼリーやジュースかというと...、今年はトマトが大豊作で...。

ちっちゃな畑を借りてはじめた家庭菜園も2年目。

ご近所の農業の先輩の方々からののアドバイスやお力添えにより、それなりの野菜が

実るようになった。感謝感謝。昨年は実りが少なかったトマトも今年は大豊作。

毎週食べきれないくらいの大玉トマト、黄色のトマト、さらにプチトマトの数々を収穫。

せっかくの新鮮野菜、一週間で食べきるために毎食のほかにジュースや、

ゼリーなどのオヤツにも食して、一生懸命消費に励む。なんとも贅沢な現実♪

トマト以外にもキュウリやえんどう豆、インゲン、カボチャに玉葱、ニンニク、

ジャガイモ、さらにルッコラやスイスチャードなどの葉物類...。

種類に限界はあるが、それなりの実りで、この夏の食生活を振り返れば

我が家の食料自給率、野菜に関していえば90%くらいにはなっているような。

ジャガイモや玉葱、ニンニクなどは冬場も貯蔵していたもので、ほぼ充足。

トマトソースやインゲンなども加工して冷凍していたものがかなりあり、

一年を通して野菜に限っては、かなり自給率が高い。少し自慢...♪ 

トマト .jpg

肥料や苗・種の購入など野菜の自給とはいえ、コストもそれなりにはかかる。

田舎暮らしでは産直さえ近くにあれば、野菜の価格はかなり安価なので

野菜の自給自足でリタイア後の家計も楽勝か否かは微妙なところではある。

が、作る喜び、たっぷり食べられる喜びと健康面を考えれば、なかなか楽しい選択と

言えそうだ

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.weekend-inaka.info/blog/mt-tb.cgi/135

コメントする