都市生活を享受したごく普通の夫婦が田舎暮らしにチャレンジ。まずは週末からはじめてみます!

田舎で暮らそう 別荘をさがそう 田舎の物件 古民家情報 ログハウス物件 伊豆の別荘 ログのおうち お取り寄せ

西を向いて、♪ふふっ。

2012年6月30日 02:23 | コメント(0) | トラックバック(0)

初夏を思わせるような陽気が続き、庭の花々も次々と咲き始めた。

梅雨入りと、ほぼ時を同じくして山紫陽花も満開。

山紫陽花.jpg

花が咲けば草も伸びる...。ということで借りている少しばかりの畑でも雑草が茫々。

先週末に帰るときは、それなりに綺麗にとったつもりでも、5日後に来てみれば

野菜の周囲はほぼ草で埋め尽くされる勢い。この勢いが野菜にも及べばいいのだが

話は、そう上手くはいかない。

昨年始めて畑を借りて、見よう見まねでやってみたら

ジャガイモや玉葱、にんにく、瓜の類など食べきれないほどの豊作...。

ビギナーズラックだったようだ。

今年は昨年晩秋に植え込みした玉葱もニンニクも生育がいまひとつ。

春に植え込みしたジャガイモはともかく、キュウリやトマトの成育も遅々として...。

昨年は大量に収穫できた落花生は発芽したものの数は、ほんの数本。

今年は昨年に比べて、深く植え込みすぎたり、時期が少し遅れてしまったり

まだまだ野菜作り素人ならではの反省も仕切りだが、どうやら今年は

気候のせいもあるようで、周辺の農家の方も『今年は生育が良くない』

そんな声も聞かれる。それでもわずかばかりとはいえ、玉葱やニンニクも収穫。

さらにレタスや小さいながらもキュウリ、さやえんどうも収穫。

『初物を食べたら西を向いて笑う』の諺にしたがって、週末の食卓では

収穫したばかりの野菜を調理して、いい年をした夫婦二人が

西を向いてフフフッ...と笑い続けなければならないくらい、初夏は

初物の野菜が次々と登場する。

 

昨年菊芋を植えたあとの畑に、今年は生姜を植えてみたのだが

これはほぼ全滅。出てきているのは菊芋ばかり。

植えたものが全く芽を出さないという経験は初めて。

今年は菊芋なんて植えていないのに...。昨年堀り残した菊芋から

芽が出てきているようだ。最初は出てきた菊芋の芽を丹念に

抜いていたのだが、菊芋は生命力が強いのか次から次に芽を出して...。

残念ながら、菊芋の残党に生姜は完敗してしまったようだ。

しかし、苗を売っているお店に行った折、ふと見ると、なんと菊芋の苗1つ250円!

そこで気を取り直して、菊芋をそのまま育てることに。菊芋の健康的効果を

どこかのテレビ番組でやったのか、今年、菊芋はちょっと注目の野菜らしい。

田舎暮らしをしていても、まだまだ俗物からは脱皮できず、

菊芋の苗が250円と知るや『あぁ、既に20本、5000円も捨ててしまった』

...と、すぐに金銭換算してしまう習性がなんとも悲しい。

 

便秘で悩んでいる方には腸内洗浄がオススメ!

等級のことなら「自動車保険等級制度ガイド」をチェック!

 

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.weekend-inaka.info/blog/mt-tb.cgi/133

コメントする