都市生活を享受したごく普通の夫婦が田舎暮らしにチャレンジ。まずは週末からはじめてみます!

田舎で暮らそう 別荘をさがそう 田舎の物件 古民家情報 ログハウス物件 伊豆の別荘 ログのおうち お取り寄せ

春椎茸(はるこ)大豊作

2012年4月30日 23:57 | コメント(0) | トラックバック(0)

春の訪れが遅かった信州も、4月も終わりになってやっと春らしい気候になった。

今年は全国的にさくらの開花が遅い傾向だったようだが、我が家の山桜も

やっと開花。一週間前までは開花の兆候も見られなかったのに気がつけば満開。

春の訪れが遅かったぶん、その遅れを取り戻すかのようにパッと咲いて、

パッと散る...。ただでさえ、開花が気になるさくらの花だが、

今年はまさに『花の命は短くて』バージョンになりそうだ。

思いのほか開花期間が長くなったのがカタクリ。4年ほど前に植えた

黄色いカタクリの花が、もう2週間以上も可憐に咲き続けている。

カタクリ(黄色).jpg

昨秋から、不作だった椎茸が3月から次々になり始めた。

原木に幾つもの小さい椎茸を見つけて、来週は収穫!!と楽しみにしていたら

翌週、見てみると綺麗になくなっている。そんなことが3週間繰り返された。

それは我が家に限らず、ご近所も同じ状況だという。

しかも原木はなぎ倒されている。どうやらサルの仕業らしい。『敵もサルもの』

ボスザル、子ザルも含んだ集団で、近くに出没しているらしい。

ということで、先週は原木を物置に入れておいたら、しっかりと大きく育っていた。

さっそく"焼き椎茸"にして夕食の一品に。格闘の末の椎茸、お味もことのほか

滋味深い味わい。残りの一部は天気も良かったので干し椎茸にして保存。

椎茸.jpg

週末田舎暮らしも5年を超えて、それなりの生活ペースになっていたが

昨夏から高齢両親の生活支援で毎月1週間ほど北海道通いも加わった。

なんとかクリアできるペースなのだが、正直なところ時間的な余裕はギリギリ。

そこにちょっとアクシデント的な出来事が入ると、もう、アップアップ。

肉体的疲労を感じるほどの労働はしていないはずなのに、

身体は完璧にお疲れモードになっている。

名古屋から信州までの移動は時間的にややキツイものもあるが、

週末に過ごす田舎暮らしが、気分を切り替える時間になっている。

管理者

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.weekend-inaka.info/blog/mt-tb.cgi/131

コメントする